おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
イベントの歩き方
JAXAイベントカレンダー

白熱(はくねつ)した青空教室(あおぞらきょうしつ)!相模原キャンパス特別公開(さがみはらキャンパスとくべつこうかい)「宇宙実験室(うちゅうじっけんしつ)

2012.08.08

7月(がつ)27日(にち)(金(きん))と28日(にち)(土(ど))の2日間(ふつかかん)にわたって、相模原(さがみはら)キャンパスにて施設(しせつ)の特別公開(とくべつこうかい)が行(おこな)われたよ。JAXAクラブ「宇宙実験室(うちゅうじっけんしつ)」ブースにも、たくさんのお友達(ともだち)が遊(あそ)びに来(き)てくれたんだ。どうもありがとう。イベント当日(とうじつ)の様子(ようす)を振り返(ふりかえ)ってみるよ!

パラシュートワークショプ
プロジェクトマネージャになりきって、ビニール袋(ぶくろ)や水風船(みずふうせん)など身近(みぢか)なものを使(つか)ってパラシュートづくりを体験(たいけん)!実際(じっさい)に落(お)としてみて…水風船(みずふうせん)が割(わ)れなかったらミッション成功(せいこう)

JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(整理券配布)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(パラシュートに絵を描く参加者)
整理券(せいりけん)の配布時間(はいふじかん)には大行列(だいぎょうれつ)が!予想(よそう)を上回(うわまわ)る人数(にんずう)に、博士(はかせ)たちはびっくり…プロジェクトマネージャとなって、パラシュートを作(つく)るのだ!パラシュートの帆(ほ)にお絵描(えか)き。
JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(パラシュートのひもを作る参加者)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(出来上がったパラシュートはまとめて屋上へ)
パラシュートの帆(ほ)とカプセル(水風船(みずふうせん))を繋(つな)げるヒモを作(つく)っているところ。ちょっと難(むずか)しい?パラシュートの帆(ほ)がキレイに開(ひら)くように、工夫(くふう)して機体(きたい)(プラスチック製(せい)のカップ)に入(い)れたよ。
JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(屋上から地上を見下ろした様子)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(投下されたパラシュート)
(お)とすのはビルの4階(かい)から!みんなが小(ちい)さく見(み)えるとても高い所(たかいところ)から、いざ実験(じっけん)だ。「カウントダウン開始(かいし)、5・4・3・2・1」 やった〜! パラシュート実験(じっけん)、大成功(だいせいこう)!!

パラシュートワークショップは、100名(めい)のお友達(ともだち)が参加(さんか)してくれました。カウントダウンも一緒(いっしょ)に声(こえ)を出(だ)して楽(たの)しんだよね〜。あいにく整理券(せいりけん)が予定(よてい)の枚数(まいすう)に達(たっ)してしまい、残念(ざんねん)ながら参加(さんか)できなかったお友達(ともだち)には、おうちでパラシュートワークショップを体験(たいけん)できる工作(こうさく)キットをお配(くば)りしたよ。
※工作(こうさく)キットをもらった人は、イベントで博士(はかせ)たちが行(おこな)っていたように、周(まわ)りの人(ひと)に迷惑(めいわく)にならないように、必(からな)ずおうちの人(ひと)と安全(あんぜん)を確認(かくにん)してから楽(たの)しもうね!また、高(たか)いところから落(お)とす係(かかり)は、必(かなら)ず大人(おとな)に頼(たの)もう!!

エッグドロップコンテスト
生卵(なまたまご)を載(の)せて高(たか)いところから落(お)としても割(わ)れずに着陸(ちゃくりく)する機体(きたい)を作(つく)って、その完成度(かなせいど)やアイデアを競(きそ)うコンテスト!工夫(くふう)して作(つく)られたさまざまな機体(きたい)が集(あつ)まった!!

JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(着陸地点を囲む見学者の様子)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(参加者の機体説明をするボサボサ博士)
ボサボサ博士(はかせ)が参加者(さんかしゃ)を一人(ひとり)ずつ紹介(しょうかい)。それを囲(かこ)むように、たくさんの見学者(けんがくしゃ)が集(あつ)まったよ!機体(きたい)の名前(なまえ)や工夫(くふう)したところなどを紹介(しょうかい)。機体(きたい)の説明図(せつめいず)を作(つく)ってくれた参加者(さんかしゃ)もいたよ!
JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(卵を積んだ機体投下の様子)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(卵を載せた機体を投下するモジャモジャ博士)
みんなに紹介(しょうかい)された機体(きたい)はビルの屋上(おくじょう)へ。ロケット役(やく)のモジャモジャ博士(はかせ)が卵(たまご)を載(の)せた機体(きたい)を投下(とうか)する!モジャモジャ博士(はかせ)が機体(きたい)を落(お)とす瞬間(しゅんかん)、みんながビルの屋上(おくじょう)を注目(ちゅうもく)!ドキドキ…
JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(卵をチェックする回収班)JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(エッグドロップコンテスト審査風景)
着地(ちゃくち)した機体(きたい)をチェックする回収班(かいしゅうはん)。参加者(さんかしゃ)が着地点(ちゃくちてん)に駆け寄(かけよ)る。どれどれ、卵(たまご)は大丈夫(だいじょうぶ)かな…参加者(さんかしゃ)の機体(きたい)が勢揃(せいぞろ)い!見学者(けんがくしゃ)による投票(とうひょう)で、みんなの印象(いんしょう)に残(のこ)ったスゴい機体(きたい)を選(えら)んだよ!!

今回(こんかい)のエッグドロップコンテストでは、JAXAクラブのWebサイトで募集(ぼしゅう)して集(あつ)まった参加者(さんかしゃ)とJAXAの先生(せんせい)が作(つく)った合計(ごうけい)17機体(きたい)が相模原(さがみはら)の空(そら)を舞(ま)ったよ。いろんなアイデアが盛り込(もりこ)まれた機体(きたい)が集(あつ)まり、とても白熱(はくねつ)したコンテストになったんだ。JAXAの奥田名誉教授(おくだめいよきょうじゅ)も、参加者(さんかしゃ)の自由(じゆう)な発想(はっそう)で作(つく)られた機体(きたい)の活躍(かつやく)をニコニコ見守(みまも)ってくれてたよ〜!

出場(しゅつじょう)してくれた皆(みな)さんは、自由研究(じゆうけんきゅう)や夏(なつ)の思い出(おもいで)になったかな? どの機体(きたい)もたくさん工夫(くふう)されていて、ぼくも勉強(べんきょう)になったよ。応援(おうえん)してくれたみんなも、どうもありがとう!

結 果 発 表(けっかはっぴょう)

はたして、どんな機体(きたい)が優勝(ゆうしょう)したのかな? 気(き)になるエッグドロップコンテストの実験結果(じっけんけっか)は、「宇宙実験室(うちゅうじっけんしつ)」で公開予定(こうかいよてい)。お楽(たの)しみに!

JAXA相模原キャンパス特別公開のJAXAクラブブース(エッグドロップコンテスト審査風景)

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ