おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
JAXAクラブニュース
バックナンバー静止画ニュース一覧へ

世界初(せかいはつ)! 惑星観測用(わくせいかんそくよう)の宇宙望遠鏡(うちゅうぼうえんきょう) SPRINT-A(スプリント エー)

2013.01.23

<動画(どうが)の「音量(おんりょう)」ボタンで、音声(おんせい)のオン・オフができます。音量(おんりょう)ボリュームは、お使(つか)いのパソコンで調整(ちょうせい)してください>

地球(ちきゅう)の周(まわ)りを回(まわ)りながら、火星(かせい)や木星(もくせい)などの惑星(わくせい)でみられる変化(へんか)について、長(なが)い時間(じかん)をかけて観測(かんそく)できる人工衛星(じんこうえいせい)が開発(かいはつ)されているよ。人間(にんげん)の目(め)には見(み)えない光(ひかり)をみて、火星(かせい)や木星(もくせい)などの惑星(わくせい)を観測(かんそく)することができる、惑星分光観測衛星(わくせいぶんこうかんそくえいせい)「SPRINT-A(スプリント エー)」だ。

惑星観測用(わくせいかんそくよう)の宇宙望遠鏡(うちゅうぼうえんきょう)をそなえている人工衛星(じんこうえいせい)は、世界(せかい)で初(はじ)めてなんだって。スゴいね!どうして宇宙(うちゅう)から惑星(わくせい)をみるのかな? どんなことが「SPRINT-A(スプリント エー)」に期待(きたい)されているのかな? ジャクマと一緒(いっしょ)にお話(はなし)を聞(き)いてみよう!!

(あらたに開発(かいはつ)が進(すす)むイプシロンロケットで打ち上(うちあ)げられる「SPRINT-A(スプリント エー)」。詳(くわ)しいことは、こちらで見(み)られるよ!

>> 惑星分光観測衛星(わくせいぶんこうかんそくえいせい)「SPRINT-A(スプリント エー)
(プロジェクト 人工衛星・探査機(じんこうえいせい・たんさき)
>> 科学衛星(かがくえいせい) 惑星分光観測衛星(わくせいぶんこうかんそくえいせい)「SPRINT-A(スプリント エー)
(宇宙科学研究所(うちゅうかがくけんきゅうしょ) 活動内容(かつどうないよう)
>> イプシロンロケット
(プロジェクト ロケット・輸送(ゆそう)システム)
>> ノートパソコンで打ち上(うちあ)げられる イプシロンロケット
(JAXAクラブ動画(どうが)ニュース)

※動画(どうが)(05:03)約(やく)23.5MB

※データ容量(ようりょう)が大(おお)きいため、データ読み込(よみこ)みに時間(じかん)がかかる場合(ばあい)があります。ご注意(ちゅうい)ください。


※動画(どうが)が見(み)られない場合(ばあい)は、アドビシステムズ社(しゃ)が配布(はいふ)しているAdobe Flash Playerが必要(ひつよう)となります。 Adobe® Flash® Playerは、「アドビシステムズ社(しゃ)」よりダウンロードしてください。
※ Adobe® Flash® Playerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社(しゃ))の米国(べいこく)およびその他(ほか)の国(くに)における商標(しょうひょう)または登録商標(とうろくしょうひょう)です。

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ