おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
特集

宇宙(うちゅう)でフツーに?暮(く)らそう 〜第二話(だいにわ)

宇宙でフツーに?暮らそう

第二話(だいにわ) 「無重力(むじゅうりょく)での体(からだ)の変化(へんか)

人類(じんるい)が初(はじ)めて宇宙(うちゅう)に飛(と)び出(だ)したのは1961年(ねん)。旧(きゅう)ソ連(れん)の宇宙飛行士(うちゅうひこうし)、ユーリ・ガガーリンです。その時(とき)は、無重力(むじゅうりょく)によるカラダの変化(へんか)は知(し)られていませんでした。ところが、長期(ちょうき)にわたって宇宙(うちゅう)で暮(く)らすことができるようになると、無重力(むじゅうりょく)が人間(にんげん)の体(からだ)にさまざまな変化(へんか)を起(お)こすことがわかってきたのです。さて、それはどんな変化(へんか)}なのでしょうか?

ほしとくんとそらみちゃんは、「無重力(むじゅうりょく)で体(からだ)は変化(へんか)するか」について話し合(はなしあ)っているようです。それでは、ふたりの話(はなし)を聞(き)いてみましょう。

宇宙でフツーに?暮らそう第二話

宇宙でフツーに?暮らそう第二話へ

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ