おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
宇宙の仲間たち

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん)って?

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん)(Young Astronauts Club-Japan=YAC)では、工作(こうさく)や実験(じっけん)、天体観測(てんたいかんそく)、宇宙関連施設見学(うちゅうかんれんしせつけんがく)やキャンプなどの活動(かつどう)を通(とお)して、楽(たの)しみながら宇宙(うちゅう)や科学(かがく)について学(まな)ぶことができます。

理事長(りじちょう)は『宇宙戦艦(うちゅうせんかん)ヤマト』や『銀河鉄道(ぎんがてつどう)999』でおなじみの松本零士先生(まつもとれいじせんせい)、団長(だんちょう)は宇宙飛行士(うちゅうひこうし)の毛利衛(もうりまもる)さんです。

松本零士YAC理事長 毛利衛団長
松本零士理事長
(まつもとれいじりじちょう)
毛利衛団長
(もうりまもるだんちょう)


YACのスローガン

Peace through Space(宇宙(うちゅう)をとおしての平和(へいわ)

Go to Mars Together(いっしょに火星(かせい)に行こう!)


分団(ぶんだん)ってなに?

YACの分団(ぶんだん)は、ボランティアリーダーの方々(かたがた)を中心(ちゅうしん)としたグループです。各分団(かくぶんだん)では、宇宙関連施設(うちゅうかんれんしせつ)の見学(けんがく)や水(みず)ロケットの打ち上げ(うちあげ)、ソーラーカーや紙飛行機(かみひこうき)などの工作(こうさく)、天体観測(てんたいかんそく)など、各(かく)リーダーの特技(とくぎ)や団員(だんいん)のアイディアをいかした、宇宙(うちゅう)を身近(みぢか)に感(かん)じることのできる活動(かつどう)を行(おこな)っています。全国各地(ぜんこくかくち)に120以上(いじょう)の分団(ぶんだん)があります。

※おうちの近(ちか)くに分団(ぶんだん)があるかな?YAC日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん)各支部(かくしぶ)・分団(ぶんだん)のホームページで調(しら)べてみよう。
・全国の分団
http://www.yac-j.or.jp/about/map/index.html

・各支部・分団のホームページ
http://www.yac-j.or.jp/activ/linx.html


YACにはいると何(なに)かもらえる?

YAC団員証(だんいんしょう)、宇宙(うちゅう)パスポート、団員(だんいん)バッジ、宇宙(うちゅう)の情報(じょうほう)がいっぱいの『宇宙年鑑(うちゅうねんかん)(スペースガイド)』などをお送(おく)りします。


YACにはいりたい!

どなたでも入団(にゅうだん)できます。くわしくは、YACのホームページをみてくださいね。
http://www.yac-j.or.jp/

YAC「水ロケットの打ち上げ」のようす
バルーン水(みず)ロケットの打ち上げ(うちあげ)

宇宙少年団活動(うちゅうしょうねんだんかつどう)は1984年(ねん)、アメリカで青少年(せいしょうねん)の理科離れ対策(りかばなれたいさく)としてレーガン大統領(だいとうりょう)(当時(とうじ))の提言(ていげん)で始(はじ)められました。日本(にほん)では、1986年(ねん)8月(がつ)に茨城県(いばらきけん)つくば市(し)で結成(けっせい)され、同年(どうねん)11月(がつ)、内閣総理大臣(ないかくそうりだいじんの許可(きょか)を得(え)て、財団法人(ざいだんほうじん)として発足(ほっそく)しました。以来(いらい)、全国各地(ぜんこくかくち)において、ボランティアの分団長(ぶんだんちょう)・リーダーを中心(ちゅうしん)とする分団(ぶんだん)が誕生(たんじょう)し、活発(かっぱつ)な活動(かつどう)を展開(てんかい)しています。

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ