おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
JAXAクラブニュース
バックナンバー動画ニュース一覧へ

6月(がつ)13日(にち)が「はやぶさの日(ひ)」になったよ!

2012.06.25

(いま)から2年前(ねんまえ)、2010年(ねん)6月(がつ)13日(にち)に何があったか覚(おぼ)えているかな?

地球(ちきゅう)からおよそ3億km(おくキロメートル)もはなれた小惑星(しょうわくせい)「イトカワ」まで行(い)ってきた小惑星探査機(しょうわくせいたんさき)「はやぶさ」が、7年(ねん)という長い旅(ながいたび)から地球(ちきゅう)に戻(もど)ってきた日(ひ)なんだ。

そして2012年(ねん)の今年(ことし)、この6月(がつ)13日(にち)が「はやぶさの日(ひ)」として日本記念日協会(にほんきねんびきょうかい)に認定(にんてい)されたよ!

「はやぶさの日」登録証授与の様子

制定(せいてい)された「はやぶさの日(ひ)」登録証授与(とうろくしょうじゅよ)の様子(ようす)。写真左(しゃしんひだり)から、

・日本記念日協会 代表(にほんきねんびきょうかい だいひょう)の加瀬(かせ)さん
・川口(かわぐち)シニアフェロー(元(もと)「はやぶさ」プロジェクトマネージャ)
・相模原市長(さがみはらしちょう)の加山(かやま)さん(相模原共和国大統領(さがみはらきょうわこくだいとうりょう)でもあるよ!)

川口淳一郎先生(かわぐちじゅんいちろうせんせい)は、「はやぶさの挑戦(ちょうせん)を忘(わす)れずに、若(わか)い人(ひと)たちにイマジネーション・独創性(どくそうせい)の大切(たいせつ)さを確認(かくにん)する日(ひ)にしてほしい」とお話(はな)ししていたよ。

イベント当日(とうじつ)は、抽選(ちゅうせん)で選(えら)ばれた360名(めい)の方(かた)たちが記念(きねん)イベントに招待(しょうたい)されたよ。みんなで映画(えいが)「はやぶさ 遥(はる)かなる帰還(きかん)」を見(み)て、その後(ご)にJAXA相模原(さがみはら)キャンパスの中(なか)を見学(けんがく)したんだ。

見学(けんがく)ツアーは、午前(ごぜん)と午後(ごご)の2回(かい)にわたって行(おこな)われたよ。また、各回(かくかい)とも班(はん)ごとに分(わ)かれて、いろいろな見学(けんがく)ポイントからスタートしたんだ。どんなところを見(み)て回(まわ)ったのかな?見学(けんがく)ツアーの様子(ようす)をちょっとのぞいてみよう!

西山先生による説明

展示室(てんじしつ)では、「はやぶさ」や「はやぶさ2」について、先生(せんせい)たちから説明(せつめい)してもらったよ。

(うえ)から見(み)るとこんな感(かん)じ。たくさん人(ひと)がいるね!


「はやぶさ2」は、前(まえ)の「はやぶさ」と比(くら)べて、大(おお)きさはあまり変(か)わらないけど、ターゲットマーカーが5個(こ)になったり、アンテナが2枚(まい)の平(ひら)たいアンテナになったり、いろいろ変(かわるところがあるんだって。

(まえ)の「はやぶさ」のアンテナは、この写真のように、おわん型(がた)のものが1つだけだったよね。

展示室

M-Vロケット

建物(たてもの)の外(そと)に展示(てんじ)されている本物(ほんもの)のロケットを見学(けんがく)!M-V(ミューファイブ)ロケットだよ。大(おお)きいなぁ。

ロケットにはろうそくみたいな固体(こたい)の燃料(ねんりょう)のものと、ライターみたいな液体(えきたい)の燃料(ねんりょう)のものがあるんだけど、これは固体燃料(こたいねんりょう)ロケット。「はやぶさ」はM-V(ミューファイブ)ロケットの5号機(ごうき)で打ち上(うちあ)げられたんだ。


ロケットの試験(しけん)などを行(おこな)っている広(ひろ)い体育館(たいいくかん)みたいな場所(ばしょ)もあったよ。何(なに)をするところなのかな?

なんとM-V(ミューファイブ)の次(つぎ)の、あたらしい固体燃料(こたいねんりょう)ロケット「イプシロン」の開発(かいはつ)まっ最中(さいちゅう)!今回(こんかい)は特別(とくべつ)に見(み)せてもらったよ!見学(けんがく)の間(あいだ)も試験(しけん)の準備(じゅんび)をしていたから、午前(ごぜん)と午後(ごご)のどちらに参加(さんか)したかで、置(お)いてある場所(ばしょ)や状態(じょうたい)が少(すこ)しずつ違(ちが)ったんだって。

構造棟の見学

「はやぶさの日」記念イベントの記念撮影

みんなで記念撮影(きねんさつえい)

2階(かい)のカメラに向(む)かって「おーい!」

とっても貴重(きちょう)な体験(たいけん)ができたイベントだったみたいだね。参加(さんか)した方(かた)には、よい記念(きねん)になったかな?


人工衛星(じんこうえいせい)そのものに記念日(きねんび)ができるのは、とってもめずらしいことなんだって。

宇宙(うちゅう)にまつわる記念日(きねんび)は、ほかに、毛利宇宙飛行士(もうりうちゅうひこうし)が宇宙(うちゅう)に行(い)った9月(がつ)12日(にち)が「宇宙の日(うちゅうのひ)」になっているよ。絵(え)と作文(さくぶん)のコンテストが開(ひら)かれているから、小学生・中学生(しょう・ちゅうがっこう)のみんなはぜひ挑戦(ちょうせん)してみてほしいな。
>> みんなでかこう!「宇宙の日(うちゅうのひ)」全国小・中学生(ぜんこくしょう・ちゅうがくせい)作文・絵画(さくぶん・かいが)コンテスト(JAXAクラブ静止画(せいしが)ニュース)


去年(きょねん)の2011年(ねん)6月(がつ)13日(にち)は、ギネス認定(にんてい)で盛り上(もりあ)がったよね。「世界(せかい)で初(はじ)めて小惑星(しょうわくせい)から物質(ぶっしつ)を持ち帰(もちかえ)った探査機(たんさき)」として認定(にんてい)されたんだ。
>> 「はやぶさ」、ギネスに認定(にんてい)(JAXAクラブ静止画(せいしが)ニュース)

来年(らいねん)の「はやぶさの日(ひ)」はどんな風(ふう)になっているんだろう? 人気者(にんきもの)の「はやぶさ」に続(つづ)いて、新(あたら)しいチャレンジをする「はやぶさ2」をこれからもいっぱい応援(おうえん)してね!
>> (あら)たなチャレンジ!小惑星探査機(しょうわくせいたんさき)「はやぶさ2」(JAXAクラブ動画(どうが)ニュース)


1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ