おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
宇宙の仲間たち

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん) 今月(こんげつ)のトピック (バックナンバー)

日本宇宙少年団(うちゅうしょうねんだん)(YAC)では、毎年夏休(まいとしなつやす)みに、宇宙(うちゅう)が大好(だいす)きな仲間(なかま)が集(あつ)まる「スペースフレンズ」というイベントを行(おこな)っています。今年(ことし)は兵庫県(ひょうごけん)の六甲山(ろっこうさん)を会場(かいじょう)に開催(かいさい)されました。

  

スペースフレンズ2007 水ロケット

「スペースフレンズ」は、宇宙(うちゅう)の専門家(せんもんか)による講演(こうえん)や実験(じっけん)、ワークショップなどを通(とお)して、楽(たの)しく宇宙(うちゅう)・科学(かがく)にふれることのできるイベントで、毎年夏(まいとしなつ)に行(おこな)われています。6回目(かいめ)となる今年(ことし)は、8月(がつ)24日(にち)(金(きん))から26日(にち)(日(にち))まで2泊(はく)3日(か)の日程(にってい)で兵庫県(ひょうごけん)の六甲山(ろっこうさん)YMCAで開催(かいさい)され、近畿地方(きんきちほう)を中心(ちゅうしん)に北(きた)は新潟県(にいがたけん)、南(みなみ)は福岡県(ふくおかけん)から91人(にん)の小中学生(しょうちゅうがくせい)が参加(さんか)しました。


1日目(にちめ)

スペースフレンズ2007 講演(松尾先生)

1日目(にちめ)は開会式(かいかいしき)に続(つづ)いて、JAXAの松尾尚子先生(まつおなおこせんせい)による「宇宙(うちゅう)ステーションのひみつ」と題(だい)した講演(こうえん)と実験(じっけん)、東大阪(ひがしおおさか)のまいど衛星(えいせい)の開発(かいはつ)にも携(たずさ)わった棚橋秀行先生(たなはしひでゆきせんせい)の指導(しどう)による、電卓(でんたく)の分解(ぶんかい)などが行(おこな)われました。

2日目(かめ)

スペースフレンズ2007 製作の様子

2日目(かめ)は火薬(かやく)を使(つか)ったモデルロケット、水(みず)ロケット、和凧製作(わだこせいさく)などのワークショップをグループごとに分(わ)かれて行(おこな)いました。夕方(ゆうがた)からはフレンズリーダーが企画(きかく)した交流会(こうりゅうかい)、フレンズ・ギャザリングで楽(たの)しく過(す)ごしました。

3日目(かめ)

スペースフレンズ2007 講演(毛利衛宇宙飛行士)

3日目(かめ)は、YACの団長(だんちょう)でもある毛利衛宇宙飛行士(もうりまもるうちゅうひこうし)から、ご自身(じしん)のフライトのこと、これからの日本(にっぽん)の宇宙開発(うちゅうかいはつ)のお話(はなし)などを聞(き)きました。


宇宙の仲間たち:スペースフレンズ2007

※日本宇宙少年団(うちゅうしょうねんだん)(YAC)のホームページでは、期間中(きかんちゅう)のブログを掲載(けいさい)しています。
http://www.yac-j.or.jp/

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ