おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
宇宙の仲間たち

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん) 今月(こんげつ)のトピック (バックナンバー)

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん)(YAC)には、全国(ぜんこく)に124の分団(ぶんだん)があり、各地(かくち)で楽(たの)しく宇宙(うちゅう)・科学(かがく)を学(まな)ぶ活動(かつどう)を行(おこな)っています。

今月(こんげつ)は、福岡県(ふくおかけん)の北九州分団(きたきゅうしゅうぶんだん)の10月(がつ)の活動(かつどう)を紹介(しょうかい)します。

  

北九州分団の活動の様子

(みな)さんが毎日(まいにち)使(つか)っている電気(でんき)が、どのような方法(ほうほう)で作(つく)られているか、知(し)っていますか? 発電(はつでん)の方法(ほうほう)には、火力発電(かりょくはつでん)、原子力発電(げんしりょくはつでん)、水力発電(すいりょくはつでん)、風力発電(ふうりょくはつでん)などの種類(しゅるい)がありますが、その中(なか)で風力発電(ふうりょくはつでん)は、環境(かんきょう)にやさしい発電方法(はつでんほうほう)として欧米(おうべい)を中心(ちゅうしん)に用(もち)いられています。

北九州分団(きたきゅうしゅうぶんだん)は、10月(がつ)の分団活動(ぶんだんかつどう)でペットボトルを使(つか)った風力発電機(ふうりょくはつでんき)を作(つく)りました。これは、ペットボトルでプロペラの部分(ぶぶん)を作(つく)り、モーター、ランプを取り付け(とりつけ)、プロペラが風(かぜ)を受(う)けて回転(かいてん)すると、ランプが点(つ)くという仕組(しく)みです。最後(さいご)にプロペラに模様(もよう)をつけて、自分(じぶん)だけの風力発電機(ふうりょくはつでんき)の完成(かんせい)です!

  

風力発電機づくり

出来上(できあ)がった風力発電機(ふうりょくはつでんき)に、息(いき)を吹(ふ)きかけたり、持(も)って走(はし)ったり、扇風機(せんぷうき)で風(かぜ)を送(おく)ったりして、プロペラを回(まわ)しました。プロペラの向(む)きを変(か)えたらどうなるか、風(かぜ)を当(あて)てる角度(かくど)を変(か)えたらどうなるか等(など)、それぞれに工夫(くふう)をこらしています。

  

発電機(はつでんき)を作(つく)るだけでなく、電気(でんき)が起(お)こる仕組(しく)みも勉強(べんきょう)しました。電気(でんき)は、今(いま)や私(わたし)たちの暮(く)らしになくてはならないものとなっています。限(かぎ)られた資源(しげん)を大切(たいせつ)に使(つか)わなければならないということを、改(あらた)めて感(かん)じました。

日本宇宙少年団(にほんうちゅうしょうねんだん)では、宇宙(うちゅう)を身近(みぢか)に感(かん)じられるプログラムだけでなく、地球環境(ちきゅうかんきょう)に興味(きょうみ)を持(も)ってもらえるような活動(かつどう)も数多(かずおお)く行(おこな)っています。


北九州分団ホームページ

※北九州分団(きたきゅうしゅうぶんだん)のホームページはこちら
http://spacek.client.jp/

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ