おといあわせサイトマップJAXAクラブトップ

JAXAクラブ

ふりがなボタン文字サイズおおきくふつうけんさく
宇宙の現場から

(だい)14回(かい):有人宇宙環境利用(ゆうじんうちゅうかんきょうりよう)ミッション本部(ほんぶ) 中野屋壮吾(なかのやそうご)

有人宇宙環境利用(ゆうじんうちゅうかんきょうりよう)ミッション本部(ほんぶ)JEM運用プロジェクトチーム
 中野屋壮吾(なかのやそうご)

(だい)14回目(かいめ)は、有人宇宙環境利用(ゆうじんうちゅうかんきょうりよう)ミッション本部(ほんぶ)JEM運用プロジェクトチーム 中野屋壮吾(なかのやそうご)さんです。国際宇宙(こくさいうちゅう)ステーション(ISS)に取り付け(とりつけ)られた「きぼう」日本実験棟(にほんじっけんとう)について聞(き)いてみたよ。

(1)現在(げんざい)のお仕事(しごと)について、教(おし)えてください。

先日打ち上(せんじつうちあ)げられた「きぼう」の船内保管室(せんないほかんしつ)と船内実験室(せんないじっけんしつ)の開発(かいはつ)を担当(たんとう)していました。アメリカにあるNASAケネディ宇宙(うちゅう)センターでの打上げ前(うちあげまえ)の作業(さぎょう)や試験(しけん)の指揮(しき)、「きぼう」に接続(せつぞく)される「ハーモニー」モジュール*を管轄(かんかつ)しているNASAとの調整(ちょうせい)や「きぼう」に載(の)せられる実験装置(じけんそうち)の技術的(ぎじゅつてき)な調整(ちょうせつ)などを行(おこな)ってきました。

リレーコラム第14回:「きぼう」日本実験棟

先日報道(せんじつほうどう)されたとおり、無事(ぶじ)、船内保管室(せんないほかんしつ)と船内実験室(せんないじっけんしつ)が打(う)ちあげられたので、現在(げんざい)は、来年予定(らいねんよてい)されている「きぼう」3便目(びんめ)のフライト準備(じゅんび)を行(おこな)っています。具体的(ぐたいてき)には、これから宇宙(うちゅう)へ運(はこ)ぶ船外実験(せんないじっけん)プラットフォーム、船外(せんがい)パレットがきちんと動(うご)くか事前(じぜん)に試験(しけん)したり、打上げ後(うちあげご)に必要(ひつよう)となる手順書(てじゅんしょ)の作成(さくせい)を主(おも)に行(おこな)っています。

ほかにも、システムの異常時(いじょうじ)に宇宙飛行士(うちゅうひこうし)が最低限(さいていげん)の機器操作(ききそうさ)で状況(じょうきょう)を知(し)ることができるノートパソコンの開発(かいはつ)や将来的(しょうらいてき)に必要(ひつよう)となる「きぼう」の高機能化(こうきのうか)について検討(けんとう)を行(おこな)っています。

* ハーモニーモジュール・・・ESA(ヨーロッパ)の実験棟(じっけんとう)と日本(にほん)の実験棟(じっけんとう)「きぼう」を結(むす)ぶ重要(じゅうよう)な部分(ぶぶん)

(2)仕事(しごと)を通(とお)して「大変(たいへん)だな」と思(おも)ったことは?

「きぼう」は合計約200万(ごうけいやく200まん)の部品(ぶひん)から構成(こうせい)されており非常(ひじょう)に複雑(ふくざつ)なシステムです。また、その多(おお)くが「きぼう」のために新(あたら)しく作(つく)られたものです。それらの全(すべ)てを正常(せいじょう)な状態(じょうたい)で打ち上(うちあ)げるためにさまざまな試験(しけん)を行(おこな)いましたが、この5年間(ねんかん)だけでも500回以上(かいいじょう)もトラブルで試験(しけん)が中断(ちゅうだん)し、その度(たび)ごとに何度(なんど)も対策会議(たいさくかいぎ)を行(おこな)いました。

部品(ぶひん)の故障(こしょう)や設計(せっけい)ミス、操作手順(そうさてじゅん)の間違(まちが)いなど様々(さまざま)な原因(げんいん)がありましたが、開発(かいはつ)メーカの方々(かたがた)やNASAと力(ちから)を合(あ)わせて全(すべ)てを解決(かいけつ)するのに大変苦労(たいへんくろう)しました。みなさんの努力(どりょく)のおかげで、打上げ前(うちあげまえ)の最終機能試験(さいしゅうきのうしけん)ではトラブルがまったくない状態(じょうたい)に仕上(しあ)げることができたので、最後(さいご)は自信(じしん)を持(も)って打ち上(うちあ)げることができました。

リレーコラム第14回:中野屋さん

(3)仕事(しごと)を通(とお)して、うれしかったことは?

「きぼう」をのせたスペースシャトルの打上(うちあ)げの際(さい)は、NASAケネディ宇宙(うちゅう)センターの発射管制室(はっしゃかんせいしつ)にて「GO(最終(さいしゅう)カウントダウンに入(はい)ってよいという合図(あいず))」を出(だ)す仕事(しごと)を担当(たんとう)しました。「きぼう」には数千人(すうせんにん)の方々(かたがた)がかかわっており、みなさんの夢(ゆめ)が詰(つ)まっていますから、とても光栄(こうえい)に思(おも)いました。

また、「きぼう」が宇宙(うちゅう)で故障(こしょう)もなく動き出(うごきだ)し、たくさんの宇宙飛行士(うちゅうひこうし)が室内(せんない)に入(はい)って広(ひろ)いモジュールに喜(よろこ)んでいる姿(すがた)を映像(えいぞう)でみたときには、これまで苦労(くろう)したかいがあったなあと、本当(ほんとう)にうれしかったです。(続(つづ)く)


有人宇宙環境利用(ゆうじんうちゅうりよう)ミッション本部(ほんぶ)に関(かん)するWebサイトを、紹介(しょうかい)するよ!

宇宙(うちゅう)ステーション・きぼう広報・情報(こうほう・じょうほう)センター(有人宇宙環境利用(ゆうじんうちゅうりよう)ミッション本部(ほんぶ)
http://iss.jaxa.jp/

「きぼう」日本実験棟(にほんじっけんとう)
http://kibo.jaxa.jp/

1つもどるこのページの先頭へJAXAクラブトップ